上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マーチは流れませんが、海自艦隊は迫力

 仕事と所用で横須賀を久しぶりに探訪。

 そういえば、汐入で軍港巡りの船があるなあと思い行ってみましたが、残念ながら既に最終便が出航した後でした。

岸壁の公園沿いに歩き、遠目に対岸の海自の潜水艦、護衛艦を寒空の下で撮影。

潜水艦は、おやしお型でしょうか。何かの試験検査をしているらしく、盛んに蒸気を排出していました。

横須賀潜水艦00

横須賀潜水艦01

横須賀潜水艦03

海岸沿いの公園は平和そのもの。噴水越しの潜水艦、という横須賀ならではの風景

横須賀潜水艦02

汐入には、横須賀総監部があります。護衛艦数隻が係留されていますが、イージス艦がありますね。

横須賀総監部

四角い建物が総監部ですが、なんか威厳がないですね。もっと威厳があっても。
横須賀総監部01

護衛艦、イージス艦は初めて間近で見ましたが、巡洋艦クラスなのですね。迫力があります。

横須賀護衛艦00

横須賀護衛艦01

横須賀護衛艦02

横須賀護衛艦03

横須賀港をパノラマで、空母はないようですね。
横須賀港パノラマ

マックス望遠で撮るとどうもレンズの拭き残しの小さな曇りが写ってしまうようです。黒い薄い影はそうです。う~ん。対策をせねば。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2012/01/28 01:01 ] 写真 | TB(0) | CM(2)

缶コーヒーおまけ 捨てられない「おまけ」

 缶コーヒーのおまけもバカにできない、これは持っておきたいというものが突然出たりします。
1缶についてくるおまけはそれなりなのですが、2缶セットでプレミアム的に出されるものには、
「おーっと」と思わず、衝動買いに走ってしまうものがあります。ここ2年間の間に衝動買いで
手に入れたものをいくつか紹介。

 先ずは、飛行機です。

入手したのは、エアバス380とボーイング787 いずれも最新鋭、注目機ですね。380はルフトハンザ、787は全日空デザイン(本物は多少違っていたような気がします。)

エアバス380

ボーイング787

 次は、同年代の方々には「懐かしい」と共感していただけるとは思いますが、円谷プロのウルトラシリーズです。
「初代のウルトラマン」「ビートル」「科学特捜隊の自動車」、ウルトラセブンの「ホーク」です。

ウルトラマン00

ウルトラマン01

オールで撮影
ウルトラシリーズ

 さらに、一時期はやったスーパーカーとF1カーです。

イタリアメーカのランボルギーニ 「カウンタック」エトセトラです。これは2缶おまけと1缶おまけを

かうんたっく00

ランボルギーニ

ミニランボルギーニ

F1カーは、ロータスでしょうか。アイルトンセナも乗っていたような・・・。
ロータスF1


 おまけのおまけで、1缶おまけだったのですが、ゴールドで、アメリカのオールドカーのようです。

ゴールドカー

 ついでに、何だかよくわかりませんが、オートバイおまけ

オートバイミニ

 小生、捨てられない性格なので、このようなおまけが乱雑に買い物袋にたくさん入っています。整理すればいいのですが・・。息子にも好きなものは好きに取れと・・・。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[ 2012/01/27 10:03 ] 写真 | TB(0) | CM(0)

新橋SL広場 イルミネーション

 正月明けの初日、勤務の後、新橋に立ち寄る、某家電大手でプリンター写真用紙を購入。ふと外に出ると、パープルの円盤が
浮かんでいる。???? その背後には、汐留の高層ビルもあるので事実だ。???

新橋イルミネーション00

 あ、なんか、新しいオブジェかなと思い、広場に向かう、おっと、こじんまりとSLを中心にイルミネーションが、・・・

博多華丸ではないが、「ムムム」とうなってしまう。

新橋イルミネーション01

新橋駅側にまわり、正面から・・・。うん、なんか書いてある。
新橋蒸気イルミネーション00

「SPACE TRAIN」 ??? どういう意味??? 空列車?? 回送ですか?
新橋イルミネーション02

もっと大胆にやっても良いのでは・・・・。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[ 2012/01/25 22:47 ] 季節感 | TB(0) | CM(2)

年始 浅草浅草寺の喧噪

 年始、浅草寺にお参り。7日にはなっていましたが、人、人、人です。さすが、年始参りの全国クラスのところですね。

仲見世で「浮いている飾り」に驚かされた後で、山門をくぐり、本殿へと。

年始浅草寺00

ケチケチせずにとも思いましたが、地道に100円をお賽銭に
年始浅草寺01

姪っ子の受験合格と家族の健康をお願いしました。

振り返ると、そこは正に「喧噪」でした。

年始浅草寺02

逆光でしたので、マイナス0.7くらいで露出をおさえ撮影。

つくばエクスプレスの駅へと向かうと、多少遠慮気味に露店が開店しています。

年始浅草寺03

おばちゃんは元気ですね。どぎつい色合いのバナナチョコですが、露店だと許される色ですね。
年始浅草寺露店

エクスプレスの浅草駅にはオブジェが飾られていますが、ちょうど辰年の今年にはお似合いです。これは少しプラスで撮影
年始浅草駅絵画
[ 2012/01/23 06:18 ] 季節感 | TB(0) | CM(0)

年始はお参り 驚きの「飛んでいる!!」

 正月明けに一人で出勤のために自宅に帰還し、週末に実家に行く途中に浅草浅草寺にて年始参りを敢行。

まずは、浅草寺の前に、「金雲」と「シルバーの門松」にお参りです。神々しかった。

年始参りスカイツリー

東武浅草駅は、新年を迎えていないのでしょうか。まだ、お隠れの状態ですね。

東武浅草駅

仲見世はすごい人だかりです。 まわりは、外国人用のおみやげ、おみやげ、の山盛りです。

年始仲見世00

年始仲見世01

年始仲見世商店00

年始仲見世商店01

こんな色合いの扇子はつかわないですもんね。
年始仲見世商店02

「う!お面が目の前に」 ああ、帽子から頭がのぞいていたのですね。失礼しました。
年始仲見世商店03

仲見世も正月なので、「飾り付け」がなされています。

年始仲見世飾り00

「う~ん、なんか変な感じですね。」
年始仲見世飾り01

「これ、飛んでません?」
年始仲見世飾り02

「わあ、飛んでる、飛んでる!!」

浮かんでる00

浮かんでる01

・・・・針金見えていますね。高精細は困ります。・・・・・

お参りができませんね。浅草寺はその2で・・・

[ 2012/01/21 21:02 ] 季節感 | TB(0) | CM(0)

今年も皆様よろしくお願いします。

 年が明けて初めての更新になってしまいました。

 皆様、今年もよろしくお願いします。鈴猫さん、ご心配いただきありがとうございました。


 年末年始と実家に帰ったり、職場での仕事が忙しかったこともあり、なかなかブログに向かう気力がおきませんでした。
少し落ち着いてきたので、少しずつ材料を集めつつ、ブログ更新をし、皆様と一緒に写真ライフ等楽しみたいと思います。

 新年、最初は、初心に戻ろうかと思い、写真ライフを支えてきた愛機を少し紹介したいと思いました。

中学、高校、大学と使った「ペンタックスSF」は探したのですが、どうしても見つからなかったので今回は思いでだけです。

当機は、中学3年の時に、神田のキムラヤで3年間のお年玉をあてて購入したもので、初めての写真機でした。主に、鉄道を撮りに、東北本線、常磐線、東京に日曜日や家族旅行、修学旅行の合間に線路近辺をうろうろしていました。大学では本格的に鉄道研究会に入会し、北海道の夏冬、関東近辺の中小私鉄、小田急等を撮っていました。

社会人になってからは、ペンタックスはMZを親父からもらい使っていましたが、浮気をしてキャノンEOSKISSを主に使っていました。それまではオートフォーカスという感覚がなかったので、楽に撮ろう、楽に撮ろうという意識が出始めたころでした。この頃の写真を振り返るとやはり雑です。

ペンタックスmz

キャノンEOSKISS

 そのうち、デジカメというものがあるのを知り、ついに手を出してしまいました。パナソニックの何というか、今になってみると玩具のような代物です。フィルムとは全く異なり、ノイズもひどくとても鑑賞できる画像ではなかったですが、パソコンに入れられるということで重宝しました。

パナソニックデジカメ01

 次は、今は無き、コニカ製です。コンパクトデジカメの走りですね。デジカメはどこがいいのか、今一、見極めができていない時期でした。3倍でしたので、一眼で300mmを使っていた身には望遠は物足りなかったですが、モニターでその場で確認できたのは驚きでした。撮り直しが利くので使いやすかったなというが印象です。子供の日常の記録に活躍しましたが、現在は、子供のいたずらでレンズ部が飛び出している状態で故障しています。

コニカデジカメ

 だんだん、デジカメは便利という観点で使うのと軽いのが利点なので、アウトドアでの記録用に使っていました。登山や旅行にはとても便利でした。一眼はレンズが重く、撮そうと思うと三脚セットですので機動性が・・。今の一眼は機能でカバーできる範囲が広いのでアウトドアでも苦になりませんが、当時のフィルムカメラでは・・・・。

 そうしているうちに、ビデオカメラがソニー製なので、同じCCDなのでソニーがいいかなと感じ、ソニー製に傾倒していきました。

最初は、カールツワィスレンズのDSC-W1 510万画素です。4倍なので望遠が利かないのが少し不満でしたが、ポートレートはOKでした。

ソニーデジカメ01

 次は、登山では結構山の迫力を出すために望遠が必要なので、光学12倍のDSC-H1を購入。一眼とほとんど大きさが変わらないので、???という感じもありましたが、登山写真に大活躍でした。

ソニーデジカメ02


 こうなってくると、一眼デジカメに切り替えようかな、と思い、レンズの資産を考慮して、ペンタックスにしました。ですが、新品ではとても予算のやりくりができないので、オークションの活用です。ですから、最新版ではなく、一世代、二世代前の導入ですが、それでも当時のトップモデルを狙えば、何とかなります。

 その最初は、K10Dでした。レンズは全くのフィルムカメラ用のものですので、マニュアルのみあり、オートフォーカス対応と多種多様なものとなってしまい、結構、大変でした。

K10D

 K10Dはライブビューがないので、バルブは難しく(遠視のせいもあるのですが)、満足な写真が・・・。そこで、一念発起して、オークションでK7を運良くゲットしました。当時の価格の1/4~1/5くらいでした。

K7
 
 ライブニューはやはり楽です。夜の月も、このように

月

 K7が現有機です。といっても、日常はコンパクトが絶対的に有利ですので、コンパクトの現有機はこのブログでも何度か紹介しましたが、ソニー DSC-WX5です。これは動画もフルHDで60fpですのでとてもスムーズな動画になり、動画撮影としても便利です。

ソニーデジカメ03

以上、紹介でした。この現有機を中心に写真ライフを今年も続けますので、皆様よろしくお願いします。







[ 2012/01/21 11:02 ] 季節感 | TB(0) | CM(2)