上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大田区「花火の祭典(8/15)」 初の花火撮影 その3

 大田区花火の祭典 その3

 だんだん、花火も佳境に入り、撮影もドタバタになってきました。なぜかというとバルブ撮影で閉じてから次の撮影可能な状態になるまで、長~い、長~い時間がかかっていたからです。焦りに、焦り、グッドタイミングでシャッターがきれませんでした。どうも、設定時点でノイズリダクションを切り忘れていたようで、保存までの時間が長すぎ、タイミングを失っていたということに気付かなかった顛末のようです。

大輪二つ、何とか形になったようです。
大田区花火三つの大輪13


スポンサーサイト

大田区「花火の祭典(8/15)」 初の花火撮影 その2

 大田区「花火の祭典」撮影 その2です。

打上から開くまで一応一連で撮れました。
大田区花火一つの花火06


大田区「花火の祭典(8/15)」 初の花火撮影 その1

※今日で8月も終わり、酷暑は終わりそうにありませんが、夏の花火で少しでも涼みたいと思います。※


 多摩川をはさんでお隣の東京都大田区 羽田空港、優れた技術の中小企業などで有名ですが、かの田園調布といった高級住宅街もある「区」です。いくつも名所旧跡もあり、自転車等での散策途中で撮らしてもらっています。

 その大田区で平和都市宣言25周年だとかでイベントがあり、そのメインとして「花火の祭典」が8月15日午後7時50分頃から開催されましたので、自転車で多摩川河川敷をえっちらおっちらと三脚を前かごに載せ、行ってきました。

 初めての花火撮影なので、取りあえず、雑誌の付録にあったノウハウをもとに、露出、ホワイトバランスを設定して、キャンプ椅子に座りながら撮りました。

 打上ポイントがなかなかわからず、打上もあっという間(ほんの20分程度)で終わってしまったので、皆さんがブログで掲載されているような確かな写真は撮れていません。アドバイスを受けるという意味で3回から4回に分けて掲載しま~す。

オープニングがいきなりスターマインのような打上でした。ということで、バルブはバルブなのですが、ノウハウに載っていたようなタイミングも測れず、構図も含めて中途半端な「初物」に。
大田区花火スタート00


触発された「川崎競馬場ナイター」撮影 (8/22) その3

 いよいよ出走時間もせまり、パドックで騎手騎乗、本馬場入場 レースです。 その3

騎手が騎乗すると、お馬さんも勝負モードになるのでしょうか、少し興奮気味です。
さあ、次は本馬場入場ですね。いそいで、本馬場前の柵に移動しないと。
川崎競馬場パドック馬騎乗05


[ 2012/08/31 06:05 ] 動体写真 | TB(0) | CM(4)

触発された「川崎競馬場ナイター」撮影 (8/22) その2

 パドックに行ってみました。パドックは近くでお馬さんが見られていいところです。

ちょっと、元気がないような・・・・
川崎競馬場パドック馬00


[ 2012/08/30 07:45 ] 動体写真 | TB(0) | CM(4)

立山室堂散策シリーズその6 室堂ターミナルに向かう、そして番外編

 ※立山散策シリーズも最後です。現像などまだまだ勉強不足ですが、RAWはあるのでゆっくり現像工夫をしてみて、また良い写真になったら、発掘シリーズでアップしたいと思います。※

 室堂ターミナルへの遊歩道を戻ります。

ターミナルへと向かう遊歩道の周りはあたり一面お花畑です。お花畑の先に山荘のような建物があり、山岳風景として、いいなあ~と思える場所です。
立山山荘立山00


立山山荘02



何の宝塔かよくわかりませんでしたが、立山信仰の一つの表れなんでしょうか。
立山宝塔01



ターミナルに戻りました。戻ったところで案内碑の前でいわゆる記念撮影用風景です。
立山石碑03


 あとは、ガスのただようなか、高原バスで美女平に戻り、ケーブルカーで麓の立山駅まで逆落としのような急降下でおります。立山駅からは富山地方鉄道で富山駅まで1時間ちょい、ゆらりゆらりと各駅停車でゆられていきました。これで立山室堂散策は終了です。

【番外編】

帰りの富山地方鉄道の車内で、親子の別れのような情景があったので、思わず撮影。個人の特定ができないような感じになったのは幸いでしたが、本当は目に、その別れの意味がのるので、そこを撮りたいのはやまやまですが、それはできませんでした。
立山富山地方鉄道親子別れ03

富山駅に戻れば、駅の反対側に地下道を行き、ライトレールを撮影

富山地方鉄道ライトウェイ04


もう一度戻り、地方鉄道の市内線(市電)を撮影
富山地方鉄道市電05

鉄道好きには非常に面白い電車がたくさんある富山でした。


☆よろしかったら、ご感想をコメントでお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
☆ご訪問の記念に「にほんブログ村」をご訪問いただけると幸いです。
[ 2012/08/29 12:35 ] 登山紀行・小旅行 | TB(0) | CM(0)

触発された「川崎競馬場ナイター」撮影 (8/22) その1 

 ブロトモさんの素晴らしい「お馬」の写真に触発されて、無謀にも、地元の地方競馬 「川崎競馬場ナイター撮影」に行ってしまいました。

 府中や中山には昼間に行ったことがあるのですが、地方競馬は行った経験がないので、ナイターも含めて新鮮な体験でした。

 川崎競馬場の紹介を先ずはした上で、パドック、本馬場入場、レースと撮ってみました。通勤途上の寄り道でしたので、K01しかもっていませんでした。カメラの性能もそうですが、技術もないのでお恥ずかしい写真になっていますが、アップさせていただきます。

 川崎競馬場は、国道15号線の南側にあり、JR、京急とも川崎駅からは歩くと15~20分程度のところです。京急ならば、大師線の「港町」駅が最寄りでほぼ3分程度で入口まで歩いて行けますので、そちらが便利です。自家用車でも駐車場が結構余裕がありますので、可能です。


 スタンドは立派なものがありますが、平日はもう本馬場の目の前の柵のところでの観戦が可能でした(重賞レースもあったのですが、地方競馬はこんなものか、とも思ってしまいました。)。
川崎競馬場01


本馬場は地方競馬らしく、ダートです。彼方に月も見え、川崎のような大規模工業都市内にあるような施設には見えません。お月さんも競馬観戦ですね。
川崎競馬場02


電光掲示は立派な三連掲示のものがあります。他競馬場の中継もしていましたし、パドック中継もしていました。ですが、パドックが近いので、余りそこで見ても、と思いました。本馬場の内側は子供の遊び場等で開放されており、子供の歓声も聞こえます。
川崎競馬場00


パドック、府中と比べると小さいことは小さいですが、騎手騎乗の際にはきりりと雰囲気がしまるよい感じの場所でした。
川崎競馬場パドック03


本馬場入場は、女性が騎乗する白馬にリードされての入場です。
川崎競馬場入場先導04


南の端がスタート地点のようで、1500mがメインの距離のようでした。ライトがちょっと暗いので、撮影は難しいところです。
川崎競馬場スタート地点05


感度も少なくとも1600、ほとんどが3200でしか撮影は無理でした。

次回以降、お馬さん、アップします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



[ 2012/08/29 12:20 ] 写真 | TB(0) | CM(0)

立山室堂散策シリーズその5 みどりが池から室堂ターミナルへ

 立山室堂の散策(ほとんど早歩き)も最終局面に。

 みくりが池と並ぶ立山撮影スポットかと思われる「みどりが池」に向かって雷鳥沢方面から登ります。かなり、登ってきて先ほど交差した学校登山の集団がどんどん降りていっています。

立山雷鳥沢登り学校登山列00



火山ガスの調査をしている環境省レンジャー、東工大研究者等、しばらく一緒に登ってきながら、火山ガスについていろいろ話をしました。植生被害がひどくなっていると言っていました。
立山環境省01


みくりが池の分岐点まで戻り、みどりが池に向けての遊歩道に変わります。
立山みどりが池遊歩道02



みどりが池に到着です。ここはみくりが池と違い浅いような気がします。
立山みどりが池03



みどりが池から少し登り、ターミナルに向けての遊歩道に向かいます。
立山みどりが池から登り遊歩道04



その途中、このようなお地蔵さんがたくさん存在します。
立山みどりが池から遊歩道地蔵05



さあ、後はターミナルに戻り富山に向かいます。夕方近いのと雲ゆきが怪しくなっているのでさっさと戻りましょう。最後はターミナル付近での撮影ですね。

☆よろしかったら、ご感想をコメントでお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
☆ご訪問の記念に「にほんブログ村」をご訪問いただけると幸いです。
[ 2012/08/29 07:20 ] 登山紀行・小旅行 | TB(0) | CM(4)

横浜ランドマークタワーから横浜港を撮影(黄昏時、夜景) 8/27


 あいも変わらず、関東は酷暑ですね。横浜での所用のついでに一度もあがったことのないランドマークタワーのスカイガーデンにあがって、黄昏時、夜の帳のおりた横浜港風景を撮影してきました。

 みなとみらい駅をおりて、ランドマークに向かっている途中で、変な日本語が聞こえてきました。何事かと思い、声のする方向に向かうと、クイーンズタワーとの間の階段前庭で外国人の方が大道芸パフォーマンスをしており、仕事帰りや散策帰りの観客の方に笑いをふりまいていました。

自転車の曲乗りをやるのかなと思いきや・・・・・
横浜ランド大道芸00


観客から若い人を集めて、先ず、椅子にしたバケツの上に座らせ、交互に横たわるようにさせて上で、バケツを取る・・・。自立型人間椅子の出来上がりというパフォーマンス。面白いので、もっと見ようと思ったが途中で退席。
横浜ランド大道芸01


クイーンズタワーとランドマークタワーの間にあるジェットコースターのようなオブジェ。
横浜ランドタワーオブジェ02


ふと、反対側を見あげれば、ランドマークタワー。高い・・・・・。
横浜ランドタワー03


69階のスカイガーデンにエレベーターで 40秒だそうです。速い・・・・。耳がおかしくなる暇もありません。黄昏時、まだ明るいですが、こんなふうに見えるんですね。
横浜ランドタワー展望室黄昏04


夜の帳もおりはじめてきて、さあ、人も増えたし、あああ~、フラッシュはやめてくれ~。
横浜ランドタワー展望室夜景05

現像中ですので、後ほどアップします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[ 2012/08/28 13:03 ] ツラツラ日記 | TB(0) | CM(0)

立山室堂散策シリーズその4 みくりが池から雷鳥沢へ パート3

 そろそろ折り返し点ですね。


それにしても赤い。相当濃度が高いのかも知れません。確かに、つんという火山ガス特有のにおいがただよいます。
立山枯れマツ00



雷鳥ロッジの広場への最後の階段、青空に向かって登るような感じ。
立山雷鳥荘あがり登山家01



広場から雷鳥沢をはさんで、親子も休んでいますが、ちょうど良い広場です。眺めもいいし。
立山雷鳥沢休憩親子02



そろそろ戻ります。この先も降りていきたいですが、靴が無理ですね、この先は。
立山雷鳥沢から登り03



登りは血の池が光の関係で一層赤く見えます。
立山血の池04


お、学校登山ですね。挨拶返しが面倒なんですよね、こういう学校登山は。
立山学校登山05



みくりが池まで戻り、みどりが池、ターミナルへとさらに戻ります。

☆よろしかったら、ご感想をコメントでお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
☆ご訪問の記念に「にほんブログ村」をご訪問いただけると幸いです。
[ 2012/08/28 06:25 ] 登山紀行・小旅行 | TB(0) | CM(2)