上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

発掘 「日帰り登山のフォトメモリー」 回顧録その6 北海道・十勝岳パート1

浅草撮影のシリーズが一応終了したので、発掘シリーズの第六弾です。


 前回は、十勝岳に登る途中の上富良野岳稜線からでしたが、今回は十勝岳本峰です。


十勝岳は活動している活火山ですので、稜線も火山特有のざらざらした歩きづらい。
十勝岳00

本峰は三角錐の綺麗な姿です。火口は本峰の山腹側にあいています。
十勝岳01


山頂から美瑛岳、大雪山方向。残雪が美しいと思いました。
十勝岳02


本峰の脇には馬ノ背と、ほう、うまく名付けたなと思える盛り上がった地形がありました。
十勝岳03


十勝岳04



☆パート2は残雪風景などを

☆よろしかったら、ご感想をコメントでお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

☆ご訪問の記念に「にほんブログ村」をご訪問いただけると幸いです。
スポンサーサイト
[ 2012/08/01 06:59 ] 写真 | TB(0) | CM(4)

こんばんは

植物が生えていない山は、私が知る限り四国にはありません。
植物もほとんど育てないほど過酷な環境なのでしょうね。
これも自然が作った雄大で美しい絶景だと思います。

[ 2012/08/01 22:07 ] [ 編集 ]

3枚目が気持ちいいですね
[ 2012/08/02 01:48 ] [ 編集 ]

Re: こんばんは

> 植物が生えていない山は、私が知る限り四国にはありません。
> 植物もほとんど育てないほど過酷な環境なのでしょうね。
> これも自然が作った雄大で美しい絶景だと思います。

とほほさん、ご訪問ありがとうございます。
十勝岳、2000m程度なんですが、活火山の上、森林限界が北国のため低く、こんな
状態です。四国の石鎚山は私の憧れの山で一度は登りたいと思っています。
[ 2012/08/03 10:34 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 3枚目が気持ちいいですね


鈴猫さん、ありがとうございます。山は大好きで、下界を忘れるためにも、今でも許されれば
山にこもりたいです。
[ 2012/08/03 10:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoshi2479.blog94.fc2.com/tb.php/572-355a701e