上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

立山ケーブルカー

 富山地方鉄道線から立山黒部アルペンラインに乗り換えです。富山方面からは、ケーブルカーで美女平に
行き、その後高原バスで室堂平に移動です。

 立山ケーブルカーは急勾配で有名なケーブルカーですが、噂にたがわぬ急勾配でした。

改札口 上部には案内板があるのは観光地のあかしですね。
立山ケーブルカー改札口00

そこかしこに、現在の室堂のライブカメラがあります。山腹はガスがかかっていますが、これは楽しみな状態ですね。
立山ケーブルカー室堂案内板


あれ、ケーブルカーの前に見慣れぬものが 荷物カーだそうで登山客の大きなザックを運んでいます。昔はこれで黒四ダムの資材を運んだそうです。
立山ケーブルカー荷物車00

乗車、結構な乗車率です。小さなザックの登山客は立山雄山登山か室堂周遊でしょうね。
立山ケーブルカー乗車01


たまたま最前列に、軌道はやはり急勾配です。出発してすぐにトンネルですね。
立山ケーブルカー路線02


乗客の命を守るケーブル 黒光りしています。
立山ケーブルカーケーブル軌道03


二つ目のトンネル口が上下の交差ポイントになっているようです。
立山ケーブルカー交差04


すれちがい、迫力あります。
立山ケーブルカー交差05


美女平駅直下です、ここが一番の急勾配ですね。
立山ケーブルカー最後


これは帰りの時のものですが、急勾配の様子がおわかりいただけると思います。
立山ケーブルカー最後01


美女平駅到着です。
立山ケーブルカー美女平駅

次は、高原バスで室堂に移動です。このバスは、信州側からのバスと違い通常のデーゼルのようです。

☆よろしかったら、ご感想をコメントでお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

☆ご訪問の記念に「にほんブログ村」をご訪問いただけると幸いです。
スポンサーサイト
[ 2012/08/22 06:20 ] 鉄道 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoshi2479.blog94.fc2.com/tb.php/634-4f02f3d2