上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

立山室堂散策シリーズその4 みくりが池から雷鳥沢へ パート3

 そろそろ折り返し点ですね。


それにしても赤い。相当濃度が高いのかも知れません。確かに、つんという火山ガス特有のにおいがただよいます。
立山枯れマツ00



雷鳥ロッジの広場への最後の階段、青空に向かって登るような感じ。
立山雷鳥荘あがり登山家01



広場から雷鳥沢をはさんで、親子も休んでいますが、ちょうど良い広場です。眺めもいいし。
立山雷鳥沢休憩親子02



そろそろ戻ります。この先も降りていきたいですが、靴が無理ですね、この先は。
立山雷鳥沢から登り03



登りは血の池が光の関係で一層赤く見えます。
立山血の池04


お、学校登山ですね。挨拶返しが面倒なんですよね、こういう学校登山は。
立山学校登山05



みくりが池まで戻り、みどりが池、ターミナルへとさらに戻ります。

☆よろしかったら、ご感想をコメントでお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
☆ご訪問の記念に「にほんブログ村」をご訪問いただけると幸いです。
スポンサーサイト
[ 2012/08/28 06:25 ] 登山紀行・小旅行 | TB(0) | CM(2)

いやあ
人物の写真も山の写真も
それぞれに味わいがあって好いですねえ~♪
組写真粒ぞろいでグッドです(^^)√

学校登山の写真も数珠繋がりで新鮮ですね
[ 2012/08/29 00:13 ] [ 編集 ]

クメゼミさん、ありがとうございます。

クメゼミさん、過分のお褒めの言葉、いつもありがとうございます。皆さんからいただけるアドバイスをもとに工夫をしながら、撮っていますが、いざ、その場になると撮ることに夢中になり、工夫も含めて忘れてしまいます。でも、写真ライフ、エンジョイ、というクメゼミさんの言葉は頭にずっと残っていて、それだけはずっと続けていきたいと思っています。ありがとうございます。
[ 2012/08/29 07:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoshi2479.blog94.fc2.com/tb.php/641-6344a377