上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ペンタックスライブ報告

 先週週末の土曜日(10/6)、K-5Ⅱs等のお披露目であるペンタックスライブに行ってきたので様子を報告。

 場所は秋葉原の駅前にあるダイビルの2階、秋葉原駅が見えるコンベンションホール。先月開かれたニコンD600のようなライブを予想していたが、あれれ、何か素朴ですね~、というのが第一印象。

秋葉ペンタックスライブ全体

 入口を入って、奥正面が「タッチ&トライ」で、向かって右奥(写真でいうと一番奥)で新しいAFの-3EVの実力体験ゾーンでした。体験ゾーンで試してみましたが、AFは暗い中でもピタリと迷うことなく決まっていましたので、メーカーがポイントにするのも、なるほどと思いました。この頃、今持っているカメラの画像に対する何となくフィルム時代の感覚と違う違和感はこの新しいカメラでも同じで、ぬぐいきれないところでした。フィルム35mmサイズの感覚が支配しているのでしょうか?そうなるとフルサイズにしないとぬぐいきれないということでしょうか?

 さて、それはさておき、周りの壁には、写真家によるサンプルが反切りくらいの大きさで展示されていました。半分以上がⅡsのサンプルでした。プロが撮っているからでしょうか、Ⅱsのサンプルは明らかに解像感が違っていましたですね~、素人の私が見ても。

秋葉ペンタックスライブサンプル画像00


秋葉ペンタックスライブサンプル画像01


秋葉ペンタックスライブサンプル画像02


 ペンタックスの方に、何でマイナーチェンジのもので新しいローパスレスを試したのですか~?と聞きましたが、技術が反映できるレベルに達したし、ペンタックスらしい画像に最適だと思っているから、とか、むにゃむにゃとあたりさわりのない答えをされてしまいましたが、マイナーチェンジで試すのですから、HDコーティング仕様のフルサイズレンズでフルサイズのローパスレスだすんじゃないですか~?いつかは・・・・。

 内部はトークショーはしているものの、がらんとしているので、会場外のロビーにある展示エリアに移動。

ガラス側にショーケースに、K-5Ⅱのクリアモデル、レンズ、カットモデルが展示されています。

秋葉ペンタックスライブK52展示00



クリアモデル、耐寒が無理だろうなあ~。
秋葉ペンタックスライブk52展示01



レンズ、展示されていましたが、これって、タムロン?? どっちも既存のタムロンレンズをお化粧しなおしたような感じが・・・。
秋葉ペンタックスライブk52展示02レンズ


カットモデル 車の展示みたいです。でも、カットモデルのどこに違いを見いだせるのか、よくわかりませんでした。ソニーのような機構だったらわかりますが・・。
秋葉ペンタックスライブk52カットモデル

HDコーティングの超望遠レンズ等も展示されていて、覗くことは可能でした。

k-5Ⅱと同時にQ10も展示されていました。撮影体験も可能です。

カラーサンプルが・・・。メガネ販売店のショーケースみたいにカラフルでした。これのために金属じゃなくてプラスティックボディーにしたのか~。
秋葉ペンタックスライブq2展示00

触って、撮っては、こんな感じのテーブルスタイルで
秋葉ペンタックスライブq2展示01


テーブルの上に赤いQ10を載せて。この赤はいい感じのカラーです。
秋葉ペンタックスライブq2展示レッド02

「撮って」体験の対象 
秋葉ペンタックスライブq2展示テスト撮影用

 拍子抜けするほど、シンプルかつ無骨なライブでしたが、「だますつもりはないので、見てくれ」というメーカーの意思が伝わるショーでもありました。

 そういう意味で楽しめました。

以上 報告

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
[ 2012/10/10 09:25 ] ツラツラ日記 | TB(0) | CM(4)

派手では無く、このほうが堅実なペンタらしくて好感持てますね。
ペンタもフルサイズ機を作る方向らしいですね。
フォーサーズ陣営以外はフルサイズラインアップを拡充する方向なので、これは自然な流れなのでしょうね。
ペンタはフルサイズ用のレンズが極少ないのでレンズの開発もしなければならなく大変そうですね。
[ 2012/10/10 13:12 ] [ 編集 ]

フルサイズとの比較

こんにちは
ペンタックスライブ
行かれましたか
ニコンに比べ淋しかっのですね
というか、ニコンが盛況過ぎるのでしょう-(笑)
質実剛健のF一桁シリーズのブランドイメージから
安くて高性能なカメラまで
生き残りを懸けて
よきライバルがお互い刺激しあって、新技術、高性能、価格などでしのぎを削りいい関係なのでしょうね

『フィルム時代と違う違和感』
この言葉気になります
はてさてなんでしょう?
今までのM4/3は明らかに力不足、限界を感じるシーンが多かったのですが
OMDが発売されてAPS-Cと遜色なくなりました
被写体によってはフルサイズも必要ないと感じるほどです
OMDにしかない機能が有効に撮影をサポートしてくれ、描写力も不満に感じることはありません

ではフルサイズは?
800Eでの評価ですが
条件が悪い時の
フルサイズの余裕を感じます
ダイナミックレンジ
トリミング
レタッチ
何れも破綻までの余裕があります

M4/3で充分な時
APS-Cに余裕を感じる時
いややっぱりフルサイズ

それぞれに使い分けています
でも最近APS-Cの使用頻度が激減しましたね

『フィルム時代と違う違和感』
私もありました
APS-Cは1.5倍換算の焦点距離
フルサイズはありませんからね

ヨシさん
色々悩んで納得のカメラ選んでください
いつもありがとうございます
[ 2012/10/10 14:01 ] [ 編集 ]

鈴猫さん、コメント感謝

鈴猫さん、いつもありがとうございます。
今回のペンタックスのライブ、最初は拍子抜け
しましたが、落ち着いて体験できるなど、すごく
好感がもてる内容でした。
フルサイズ、デジカメinfoにもインタビューが
掲載されていましたが、製造前提でソニーセミ
コンダクタかと思いますけど開発しているよう
ですので、本気のようですね。待てるか、どうか
思案のしどころです。
[ 2012/10/10 17:08 ] [ 編集 ]

クメゼミさん、コメント感謝

いつもありがとうございます。
具体的に、こうだ、という言えないのですが
目でみて想像したイメージと撮ってモニター
で表示される画が全く違ってしまい、そうじゃ
ないんだよなあ~、と思ってしまうのです。
腕の問題もありますが、画角の問題が大き
いような気がします。
この前、ヨドバシの撮影会でフルサイズを借
りて撮影したのですが、あ、この感じかな、と
思った次第です。
[ 2012/10/10 17:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoshi2479.blog94.fc2.com/tb.php/703-cf98fdbb