上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「EVカーって発想の転換が必要では・・・」 【政治・社会・科学技術】


 今日、ダイヤモンドオンラインのウェブ記事で、GMが素晴らしい性能のEVカーを開発したとの記事があったので、速読してみた。

 最大出力 100kw(約134ps)、トルク 542Nm、加速力が約8秒/0~100mだそうです。日産や三菱のEVとはケタ違いの性能のようです。プラグインもダブル(急速と通常)だそうで、日本メーカーにとっては脅威になりそうとの記事でした。

 でも、どうも、EVカーって、エンジンに経費の重きがある燃焼機関カーと違って、バッテリーセルに経費の重きが相当高くあると思いますし、バッテリーって消耗品なのに、そんなに重い上に、パッケージ的な構造体のようなので、交換すると一気に全部ですよね~、う~ん、これ、車一台買い替えるのと同じというケースがバッテリーがいかれる度に起こるってことかな~。バッテリーって、環境変化に弱いから、そんなに耐性がないものと考えるのが普通だし、と思い、EVカーって、そんなにいいものなのだろうか、と考え込んでしまう対象です。

 それは、結局、バッテリーのパッケージ的な扱い、車の基幹部品的な扱いにあるのかなあ~、と。

 バッテリーセルの扱いが、基幹部品意識から消耗品意識にかわったら、何かあった場合のコスト軽減になり、う~ん、と考え込んでしまうこともないような気がします。基幹部品から消耗品に代わった例としては、パソコンが本体内組み込み式から外部取り外し式に記憶部分がなった例があると思いますので、EVカーでもそんな発想の転換がないんでしょうか?

 取り換え式のハードディスク感覚にバッテリーセルがなれば、個々のセルがおかしくなった時点で、ユーザーが自分で換える、あるいは、そろそろ危なさそうだから換えようか、もう少しセルがあったほうが良さそうだから、加えておこうか(ラック的なものがあれば可能だし)、といった、ユーザーに主体性があるというか、コスト感もユーザーが考えながら出来るような気がするのですけど。

 取り換え式であれば、ピラーみたいな構造体としてだけ必要な部分にラックを設けるといった、他の機能やデザインを制限することなくできるような気がしますし、そういう場所であれば、気楽にユーザーも交換できると思いますけど。コンビニやカーショップで気軽に買えるし。

 カーメーカーは、もっと柔軟に考えていただけないのでしょうかね~。

と、今日は写真にかえて、妄想を。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2012/12/06 12:30 ] 政治・社会・科学技術 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoshi2479.blog94.fc2.com/tb.php/818-63009a1b