上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「CP+2013 in Pacifico Yokohama」 (キャノンは王道 その1) 【写真】

 CP+2013 キャノンブース 今回は王道的展示だったような気がしますが、ニコンと比べるとサービスフルとはいえなかったですね。


CP2013キヤノンブース01


 ブースは、撮影体験コースはEOS6Dのみでデータは持ち帰り不可、1枚だけプリントアウトしたものはOKというニコンの大盤振る舞いとは異なる対応だったのは、いささか期待はずれ。 自己SDでの持ち帰りOKくらいしても良かったかも・・・。

 あ、ちなみに手前のブルーとホワイトのコンパニオンさんはキャノンの方ではありません。



 キャノンのメインステージは、トークショー中心の番組編成 そういう意味ではかなり硬派な姿勢

CP2013キヤノンステージ02


 キャッチフレーズの下にレンズ群、カメラ群の展示 カメラ・レンズの展示方法は一番目立ったかも。

CP2013キヤノンレンズ群展示03


 ソニーと同じように映像用カメラは力を入れた展示でした。

CP2013キヤノン4k映像カメラ展示04


 EFのLレンズのカットモデル  もったいないなあ~と思ったのは私だけ・・・。かっこいいけど。

CP2013キヤノンレンズカット展示05

 
 キャノンの今年のキャッチフレーズは「すべては作品創造のために。」 姿勢としては素晴らしい。

CP2013キヤノンステージ脇テーマ06


 ステージ上の紹介は、もしかしたらキャノンの広報部の方かと思うような、硬派な感じで説明。

CP2013キヤノンステージMCA07


 きりりとしまった、また、落ち着いた感じがよかった。

CP2013キヤノンステージMCAアップ08


 コンデジ、映像カメラと各々違った女性が出てきて紹介

CP2013キヤノンステージMCB09


 皆さん、落ち着いたナレーションだったので、コンパニオンさんとは違うような・・・・。

CP2013キヤノンステージMCBアップ10


 トークショーのMCの方 落ち着いた語り口が印象的だった。

CP2013キヤノンステージMCC11


 写真家さんもなれない脚本での語りは難しかったようです。

CP2013キヤノンステージ写真家前川12


 写真家さんとキャノンの開発者という組み合わせのトークショー、とはいえ、脚本があるらしくどうもぎこちないトークショーになっていた。

CP2013キヤノンステージ開発者トークショー13


 キャノンが名誉な賞をもらったということで紹介のあったステージ画面

CP2013キヤノンステージ賞14


 コンデジの紹介はこんな感じにナレーションをはさみながら紹介していました。

CP2013キヤノンステージ紹介15


 私の好きな風景写真家 米美知子さんのトークショーもありました。
 撮られた写真をベースに、この時はプリンターでのプリントアウトの話でした。

CP2013キヤノンステージ米さん16


 なかなか美人ですよね~。

CP2013キヤノンステージ米さん17


 田園風景の写真 どう構図を決めたのか、等々大変参考になるトークでした。

CP2013キヤノンステージ米さん18


 こんなか細い感じの方が、山や森の奥深く被写体求めて踏みいるなんて、とても信じられません。なんでも、車中泊だそうですが、怖い目にはあわないんでしょうか。行動力とプロ魂には感服しました。


CP2013キヤノンステージ米さん19

 時間があれば、私も奥深く踏入りたいので、偶然、会ったらどうしましょう・・・・。


 さあ~、その1の最後は、おきまりのキャノンコンパニオンさん、混んでいたのとトークショー待ちが多かったのでお一人しか撮りませんでした。


CP2013キヤノンフロアコンパニオン20


 その2は、トークショーの目玉 土屋勝義さんと豊田エリーさんのフォトラバーズトークショーで締めくくります。




ご覧いただきありがとうございます。

※よろしければ、こちらもご訪問ください。
 
  Take it Easy Photo Diary 

 【1枚の写真をテーマに、エッセイではないけど、思ったことを綴った兄弟ブログです。】


【EOS6Dにて撮影】




にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

 ☆☆☆ぽちっと「ブログ村」のボタンを押していただくと幸いです。ありがとうございます。☆☆☆


スポンサーサイト
[ 2013/02/19 07:00 ] 写真 | TB(0) | CM(4)

写真付きの解説 ありがとうございます。

いやあ
まるでカメラショーに行ってるみたいにですよ
写真付きの解説 ありがとうございます。

イヴェントやる側の大変さがよく伝わります。
とくにライバルとガチンコ競合ですからねえ
でもデータ持ち帰りOKのメーカーとNGのメーカー
契約条項が違うのでしょうが気にいりませんね。
中で摺り合わせして欲しいものです。
足並みが揃わないのはどうも感心しません。

解説されていた方は司会専門の人材派遣会社の方でしょうか

ヨシさん
いつもありがとうございます。


[ 2013/02/19 13:02 ] [ 編集 ]

クメゼミさん、こんばんわ

いつもありがとうございます。
今回は梅サクラさん風のドキュメンタリーチック
にCP+2013ブース紹介をまとめましたので、
そう思っていただけると幸いです。
データの扱いに差異があるのは、それだけで
サービスフルか否かの出展者の姿勢の評価
につながるのと混雑度合いにも影響するので
事前に調整してほしいものです。まあ、それも
競争と言えば競争なんでしょうけど・・・。
司会の方の身分については聞けずに終わって
しまいましたが、アナウンサーのアルバイトとい
う感じでもありませんでした。
また、ご覧ください。
[ 2013/02/19 17:14 ] [ 編集 ]

こんばんは!

私などよりも、ズーと上手く纏められていて、勉強になりました。

で、説明される方達が、ブラックスーツで、統一。
首元に、赤いスカーフがポイントになって、知的ですね。コンパニオンさんもホワイトのスーツ。
他の会社のコンパニオンさんが、女性を売り物のしたような派手派手の衣装だったので、
キャノンさん、データの扱い云々はあって不満は残ったでしょうが、私は好感を持てました。

米美知子さん、なかなかの美人さんで、細い体での撮影、エネルギッシュですね。
素晴らしいです。
[ 2013/02/19 19:51 ] [ 編集 ]

梅サクラさん、おはようございます。

いつもありがとうございます。
いやいや梅サクラさんのまとめ方は本格的です。
私のは駄文の寄せ集めに過ぎません(笑)。
おっしゃるとおり、キャノンの展示は硬派で他と
は一線を画していました(ソニーも今回は硬派
だったと思います。)。
米さんの風景写真に対するプロフェッショナルとし
ての貪欲性と容姿との相違に関心をもってしまい
ます。構図や色合いの感性はすごく参考になりま
すし、もっと時間がとれるようになったら、アクティブ
に撮りたいという欲望も生まれてきます。
[ 2013/02/20 09:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoshi2479.blog94.fc2.com/tb.php/893-e583e11e