上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「鎌倉 東慶寺の梅」 (まだまだ冬だった) 【名所旧跡写真】

 2/16 ウェブの神奈川・梅の開花状況でちょくちょく出てくる鎌倉 東慶寺を訪問。天気予報では寒気が入りながらも快晴という予報であったが、鎌倉は小雪も舞う曇天になってしまった(横須賀線で川崎から移動したが、川崎は快晴だったのが、横浜保土ヶ谷を過ぎるあたりから雲が覆い始め、大船ではかなり曇天になってしまった。)。

東慶寺山門階段01

 北鎌倉駅を降りて、円覚寺とは反対側を少し歩くと目立たない入り口がある。参道から小高いところに東慶寺は存在する。臨済宗円覚寺派の禅宗のお寺さんで、開山は北条時宗の奥さんだそうです。






 山門をくぐると、こじんまりとした寺内で、入ったすぐ脇に立派な梵鐘のある鐘楼がある。梅の古木があり、満開ならば素晴らしい絵になる場所である(ということで、今回は満開はいうに及ばず、三部咲きにもなっていませんでした・・・・、残念。)

東慶寺梵鐘02


はい、こんな感じなんです。

東慶寺梅03


 ということで、東慶寺そのものでおもしろい撮影ポイントを探すこととしました。

小仏様が寺内の奥に鎮座され、梅に囲まれ、本来であれば、絶好のポイントのようです。

東慶寺外仏04

しばらく奥に行くと、井戸があり、手桶棚と併せておもしろいポイントでした。

東慶寺井戸05


北条家ゆかりがよくわかる小仏様 ミツウロコの紋の入った線香台でしょうか、綺麗なお花が生けてあり檀家の方々の信心深さが身にしみます。

東慶時小仏お花06


この小仏様の脇に、苔むした崖があり、光が微妙にあたり、とてもすてきでした。

東慶時コケ07


苔むした斜面、シダの向こうに小さな仏様が。

東慶時シダ08


 梅の木の上部は日がよくあたることから、開花しているようでした。

東慶時梅枝09


 それにしても枝振りが見事です。

東慶時梅枝10


 万作の花も今は盛りと咲いていました。黄色いカラーと瓦のグレートがよくあいます。

東慶時万作11


 望遠で数少ない梅花を。 紅梅、淡いピンクの紅梅。

東慶時赤梅12


 白梅も・・・・。

東慶時梅花13

 ちょっと欲求不満になりましたので、鎌倉宮の近くにある荏柄天神社(北野天満宮と同じように菅原道真公をお祭りしているようです。)に移動です。



ご覧いただきありがとうございます。

※よろしければ、こちらもご訪問ください。
 
  Take it Easy Photo Diary 

 【1枚の写真をテーマに、エッセイではないけど、思ったことを綴った兄弟ブログです。】


【EOS6Dにて撮影】




にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

 ☆☆☆ぽちっと「ブログ村」のボタンを押していただくと幸いです。ありがとうございます。☆☆☆
スポンサーサイト
[ 2013/02/26 07:09 ] 名所旧跡写真 | TB(0) | CM(2)

こんにちは

今年の梅は昨年よりもだいぶ遅れていますね。
いつもの年だったら
満開の時期なんですが・・・

東慶寺(かけこみ寺)ですね
このくらいの時の梅も好きですが写真を撮るには
寂しいですね
[ 2013/02/26 13:37 ] [ 編集 ]

かえでさん、こんにちわ

いつもありがとうございます。
そうなんですよ、例年だと2月中旬であれば
満開とはいかないまでも「梅の景色」になって
いると思って訪れたのに~、という残念な結果
でした。ですが、お寺さん自体は雰囲気の良い
ところでしたので、その雰囲気を切り取れるよう
撮影しました。
長谷寺は結構咲いていましたので、後ほどアップ
させていただきます。
[ 2013/02/26 16:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoshi2479.blog94.fc2.com/tb.php/900-d7a77501