上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「涼風かおる五月の松島海岸五大堂」 【名所旧跡写真】

 連休も終わり、高速夜行バスで仙台に戻りましたが、さすがにその日そのまま出勤はきついので、有休をとり、仙石線で松島まで行ってきました。

 連休終了後の初日だったので、観光客も少なくのんびりと午後のひとときを過ごすことができました。

 松島といえば、伊達政宗ゆかりの瑞巌寺ですが、改修中ということもあり、入り口付近を撮影しただけで切り上げて五大堂に行ってみました。
(かもめを撮るために遊覧船に乗ったのですが、その乗船時間に1時間程度の合間があったからです。)


松島海岸五大堂遠景01


 海の中の一つの島である五大堂には赤橋を二度渡りたどりつきます。







 少し五大堂のある島をフォーカスします。

松島海岸五大堂遠景フォーカス02


 硬い砂岩の岩礁の上にあるのがおわかりになると思います。松島海岸は幸いに大震災の際は幸い巨大津波とはならず、被害は相当受けたようではありますが、名所は守られたようです。湾に数多くある島々で減衰した結果のようです。


 さあ、では行きましょう。最初の赤橋を渡ります。お、下がすけていますね~。

松島海岸五大堂への渡り03



 赤橋は二度渡りますが、一つ目を渡ると小さな社があり、鐘があります。鐘を通して湾をかいまみます。
松島海岸五大堂渡りの途中の神社の鐘04



 二度目の渡り、ここもすかし橋です。

松島海岸五大堂最後の渡り05



 さすが、国際的な観光地 カメラで撮った湾の様子を確認しています。ハロ~、ウェルカムジャパン

松島海岸五大堂最後の渡り外国人さん06



 五大堂 堂々とした安土桃山時代の建物ですね。

松島海岸五大堂07



 島ですので、先端からは松島湾が一望のもとです。震災当日はここからはどのように見えたのでしょうか。

松島海岸五大堂からの湾08



 帰り際に、福浦島とそこに渡る赤橋(なんと、有料歩行橋です。)

松島海岸五大堂からの帰り福良島09

 福浦島は県立公園になっているようで、桜が綺麗なようです。


 海岸に戻り、ボートが係留されているところから、湾をのぞみますが、足元、よく見ると震災もしくは津波で受けた被害のようです。

松島海岸護岸地震影響10


 遊覧船が出ていきますが、まるで、外国航路の客船の出航のような感じがします。

松島海岸遠ざかる湾周遊船11


 あ、瑞巌寺門前の写真忘れましたので、次回は門前を



ご覧いただきありがとうございます。

※よろしければ、こちらもご訪問ください。
 
  Take it Easy Photo Diary 

 【1枚の写真をテーマに、エッセイではないけど、思ったことを綴った兄弟ブログです。】


【EOS6Dにて撮影】



ポチっと押していただけると励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村







スポンサーサイト
[ 2013/05/16 07:00 ] 名所旧跡写真 | TB(0) | CM(2)

松島 いいですね

松島五大堂ですか

震災前ですが仙台には何回か行きましたが
松島は行きませんでした

しかしリアス式が被害を大きくしたかと思えば
松島は島影になって救われたのですね
よかったです

安土桃山の建築ですか
木造建築物の奈良の寺社が1300年もの間、何度にも渡る戦火や
地震、雷、台風等、自然の猛威にもよくぞ持ちこたえたものだと感心します

安土桃山時代といえば
安土城、大阪城、伏見城、みな戦火で灰燼に帰しました

伊達政宗の墓も無傷で残っているし
遺産大切にしていきたいものです

墓の調査結果
伊達政宗は158センチ血液型A型だったと記憶しています
[ 2013/05/17 20:22 ] [ 編集 ]

おはようございます

松島は1m程度の津波だったそうです。湾の島々で相当減衰したようです。五大堂のような貴重な建物が無事だったことは奇跡に近いところです。
戦国時代は江戸時代より平均身長が高かったようですが、158cmという数値はどうなんでしょうね、小さいのか、大きいのか???というところです。伊達氏はもともとは常陸の国の伊佐氏と言われており、そうだとすると、我が地元に近い氏族となります。
[ 2013/05/18 07:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoshi2479.blog94.fc2.com/tb.php/952-1e64de7e