上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「山寺探訪その6 ~満足感を持ちながら下山へ~」 【名所旧跡写真】


 その6 だいぶ飽きられたと思いますが、山寺自体はこれで最後ですので、お付き合いください。


 五大堂での大眺望に満足しながら、小用のこともあり山麓への下山にかかる。下山は気が緩むので怪我をする確率が登りより高くなるので注意しながらの下山。


山寺五大堂からの下り00
(ニコンJ1)


 五大堂の上にも行ける道はあるようなのだが、立ち入り禁止のロープ ここはマナーであり、修験道の場でもあるので、行きたい気持ちはおさえて、許可されたところで五大堂を撮影。

 はい、これで下山開始。






 


 最後に再度五大堂を振り返ります。迫力ありますね~。

山寺五大堂下り見上げ五大堂01



 日暈がまだ綺麗にあるので、五大堂を使って写し撮り。妖艶な空って感じになりますね~。

山寺五大堂見上げ日暈02



 ここからは開山堂への下り、登りと違い下りは思いっきり、急峻さを感じます。

山寺五大堂下り開山堂03



 開山堂の脇からは、納経堂越しにぽっかりと空いた谷間が・・・・

山寺五大堂下り納経堂崖眺め04




 奥の院方面に下っていきます。

山寺五大堂下り奥の院方面05



 奥の院に上がる手前から折り返し、仁王門に向けて下ります。

山寺五大堂下り山麓への下り06




 鬱蒼とした森林の道 まさに静けさや岩にしみいる蝉の声の舞台です。 

山寺山麓への路07




 下りの道でも、シャガがたくさん咲いており、心を十分に癒しながらの下山です。

山寺山麓への路08
(ニコンJ1)



 下山途中、途中に存在するお地蔵さん いろいろな思いが募った像ですね。奥には千手観音様がいらっしゃるようです。ここで会ったのも、偶然でしょうね、この後、山麓に下りてから、千手観音の御堂から別の登山をしたので。

山寺山麓への路09




 こうやって、見ると改めて信仰の場、なんだなあ~とつくづく思いつつ下山の足を歩む。

山寺山麓への路10


ご覧いただきありがとうございます。

※よろしければ、こちらもご訪問ください。
 
  Take it Easy Photo Diary 

 【1枚の写真をテーマに、エッセイではないけど、思ったことを綴った兄弟ブログです。】


【EOS6Dにて撮影】



ポチっと押していただけると励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2013/06/23 07:00 ] 名所旧跡写真 | TB(0) | CM(2)

太陽の光彩が 見事です

太陽の光彩が 見事です
光と影 陰影が 印象的です

ワイドの迫力 ローアングルも
力強い作品たちですね

これ 皆 ニコンJ1での 撮影ですか!?
驚きの描写ですね
[ 2013/06/23 13:41 ] [ 編集 ]

Re: 太陽の光彩が 見事です

> 太陽の光彩が 見事です
> 光と影 陰影が 印象的です
>
> ワイドの迫力 ローアングルも
> 力強い作品たちですね
>
> これ 皆 ニコンJ1での 撮影ですか!?
> 驚きの描写ですね
クメゼミさん、いつもありがとうございます。
ニコンJ1とEOS6Dの合作です。光彩があったり、いろいろと
撮影が楽しめた山寺探訪でした。そんなに疲れもせずに上がれる
ほどよい登山でした。修行の場はもう少しきちのでしょうけど、
開放されておらず、山歩き好きな私には少し物足りませんでした。

[ 2013/06/24 07:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoshi2479.blog94.fc2.com/tb.php/989-662c6e68